くららはつらいよ

前略 母上様 落ち込んだりもしたけど、くららは元気です

看板犬のいる美容院で、自粛疲れをすっきりさっぱり+癒しチャージしてきました。

お題「わたしの癒やし」

 とうとう我慢の限界が来ました。在宅勤務中だし、ある程度はまぁ我慢ができると思っていたのですが、週1レベルで出社するそのたびにだと、もう我慢の限界だったのです。

 もう、月曜日のたびに雨・もしくは湿度の高い曇天。結んでいても前髪が歪み放題、チリ放題!しかも、生え際プリン&白髪まじり、そんなんじゃ天気もどんより、心もどんよりってもんでしょーが!モヤモヤしてると、在宅太りと肩こりが悪化するし!ってなことで、2ヶ月ぶりに美容院に行って、縮毛矯正・カラー・カットをしてもらってきました。

 

 カランコロン♪

f:id:clara-stoopman:20200518071628j:plain

看板犬のレイくんです。

 美容院嫌いのわたしですが、美容師さんの腕がいい以外にも、定期的に通えるようになった理由のポイントは看板犬の存在です。彼は2代目のレイくん。

 店員さんの「いらっしゃい」より先に、すっ飛んできてお出迎えしてくれます。しかも「ちょっと待ってくださいねぇ」と言われイスに座ろうものなら、抱っこをおねだり。

f:id:clara-stoopman:20200518071932j:plain

甘え上手な男子って、母性本能をくすぐるよね

 癒しタイムで待ち時間が苦に思いません!っつか、このままずーっと待っていたい!

 でも、そんなことは言ってられません。テキパキ施術してもらって、「3密防止」に努めねばなりません。本日は久々のカット・縮毛・カラーの長時間コース。できるだけ時短になるよう、カットは軽くしてもらうだけ・前髪のみ縮毛・生え際のみカラーにしてもらいました。

 

 席に通され、レイくんとはバイバイ。

 だったのですが、しばらくすると膝下へきて抱っこアピール。うんふーーーーーーーぅ!「抱っこするかい?」と手を伸ばすと、美容師さんが膝に乗せてくれました。

f:id:clara-stoopman:20200518072341j:plain

お客さんに抱っこされるのが大好きなレイくん

 お客さんの方から「抱っこする」を主張しない限りは、お膝に乗せないとのこと。店員さんにしてみれば、犬のお守りをしてもらってるというスタンス。犬嫌いの人には近付かないよう配慮はしているそうです。

 犬好きのわたしにとっては、抱かせてもらって「癒しタイムを頂いている」感覚なんですけどね。美容施術のオプション料金を払ってもいいくらい!そのことを伝えると、先日お客さんの中でも、自粛疲れを癒していった方がいらっしゃったとのこと。

 在宅勤務になった娘さんからの干渉がひどく、散歩すら出歩けない日々が続いていた方でした。ストレスが溜まって別の病気になりそう!と青白い顔をして来店。気分転換と衛生のため来店。ところが、レイくんをずーっと抱いて施術していると、顔色がパーッと明るくなっていったそうです。

 ほらね、「オプション・レイくんの癒し」パワーはすごいんですよ。

 

 わたしがこれから勉強したい資格「アニマルセラピスト」は、癒しを必要とする方のところへ、セラピー犬を連れていく人になるための資格です。当然、セラピー犬も訓練が必要です。

 海外では、医療現場での認知度た高いセラピー犬。日本にはまだ浸透してないけれど、医療現場だけでなく、こんな感じの「ちょっとした癒し」を提供してくれるワンコが増えるといいのにと思う今日この頃。

f:id:clara-stoopman:20200518074309j:plain

レイくんはセラピー犬ではないけれど、素質200%です

 犬がそんなに好きじゃない人も、是非犬に触れるチャンスがあったら触れてみることをお勧めします。触れることで、心は癒され、自然治癒力や免疫力がアップするから。怖い・嫌いと思わない限りは、効果が期待できますよ。

 わたしの施術がが終わると、レイくんは次に来ていたお客さんのお膝元へ・・・。ふっと振り返ると、そのお客さんはコックリコックリ寝ていました。疲れていたんですね。

 

 癒されたーーーーーーー!ありがとう!

 

参考:

animal-t.or.jp

TOP