旅するシロクマ

終活 × ミニマル × ノマド な生活

私の好きなビルベスト3 ~ ビル好きにはたまらない散歩コース「新宿西口ー都庁前」

 コロナ禍のため在宅勤務になったのは3月初め。それからずーっと引きこもりっぱなしでした。月に2、3度徒歩15分圏内へ出社し、週に2、3度徒歩3分のスーパーへ食料品を買いに出かける。それぐらいしか外出はせず、ずーっとおこもり。引きこもり。ステイホームな3ヶ月。

 昨日、ついにその沈黙の扉を破って、散歩に出かけてきました。ついでに用事も済ませられたらいいな的な感覚で。用というのはロマンスカー特急券の発券。古い110カメラのフィルムの現像、毛糸の調達。だったのですが、調べもせずに出向いてしまい、ロマンスカーの販売は5月末まで休みでした。これは行くなということなのだなと思い、予約していた展望席をキャンセル。新宿駅近辺の商業施設も、食品売り場以外は5月末までお休みのため買い物は断念。結局、110カメラのフィルムの現像だけ依頼し、その後はお散歩写真撮影大会!となりました。

 では、ワタクシの大好きなビル・ベスト3をご紹介。ちょっとマニアックに擬人化してみました。理解できない方は、写真でお姿だけでも見ていってやってください。

 

 

第3位 損保ジャパン本社ビル

着工1973年 竣工1976年 高さ200m 43階建て

 末広がりなパンタロンスタイル、白に茶色がアクセントの色合い。安心感というますか、ほっこりさせてくれる幼馴染みのような存在ですかね。

損保ジャパンビル

損保ジャパンビル

第2位 モード学園コクーンタワー

着工2006年 竣工2008年 高さ203m 50階建て

 繭をモチーフにしたデザイン、白の網目模様。スタイリッシュなイケメン具合は、見ているだけでうっとりなアイドル的存在。深入りしたら火傷するので見てるだけです。

 この日はiPhoneでの写真撮影をし忘れていたため、手持ちの画像がありません。(110カメラで撮影したのみでした)。なので、設計元にてご確認を。

www.tangeweb.com

 記事後半の「おまけ 新宿中央公園」の写真にも小さく写っているのでそちらもご参照ください。 

 ※追記、後日撮影のものを張り付けました。

f:id:clara-stoopman:20210307183814j:plain

第1位 東京都庁舎(第一本庁舎)

着工1988年 竣工 1990年 高さ243m 48階建て

 正八角形のツインタワー モルタルグレーの無機質な格子模様。割愛したベスト4、5に入る新宿パークタワーの3兄弟ビルと似ているのですが、存在感と言いますか、重厚感が桁違いです。

 威圧感がある中で、全ての都民を受け入れる優しさと言いますか、懐の大きさと言いますか、結婚したい男性ナンバー1的存在です。 

東京都第一庁舎

どどーん、と効果テキストを入れたくなる出立

 夜のライトアップも楽しみの一つです。印象に残っているのは赤と青。

都庁ライトアップ 赤

雲が厚く低いと光が反射するので幻想的です。

都庁ライトアップ 青

青が好き!戦隊シリーズのブルーを思わせるような重厚感です。

 ビルではないのですが、向かいにある東京都議会議事堂も好きです。でも、東京都第一本庁舎とセットになって好きなので、大好きな彼といつも一緒につるんでる男子的な存在ですかね。

東京都議会議事堂

東京都議会議事堂

 都庁通り側の円形劇場のちっさい版のようなところが必死というか、健気というか、頑張れ!といった感じです。

 映画の撮影現場に遭遇

 だいぶ前のことになりますが、この通りを通過してニタニタしていると、何やらデコトラやらデコバイクやら、騰を持った人々が大勢集まっており、何かデモが行われている様子が見えました。「もー、やーねー、巻き込まれないように気をつけねば」と思い、議事堂側の通路をそそくさと通過することにしました。

 徐々に近づくと、一人の男性に声をかけられてしまい「ヒィ!デモに巻き込まれる?お父さん、お母さん、全国ニュースに出てしまうかも、ごめんなさい!」と、この世の終わりを感じ、あれやこれやが走馬燈のようにグルグルしましたが、撮影中とのこと。カットがかかるまで進むべからずと言われ、安堵と共に撮影を観察。

 正直、なんの撮影だよ、社会派映画ですか?NHKのドラマですか?と思っていたのですが、まさか、コメディぶっちぎってギャグでしかないあの映画の、ラスト壮大なシーンだったとは… 鑑賞中、大声で「あっ!」と叫んでしまいました。

翔んで埼玉

翔んで埼玉

  • 発売日: 2019/09/11
  • メディア: Prime Video
 

 

おまけ 新宿中央公園

 この1位と2位のビルを、同時に眺めることができる新宿中央公園 北エリアがわたしの癒しスポットです。

新宿中央公園からのビル群

新宿中央公園からのビル群

 ここの周辺は、よく撮影が行われているのですが、ドラマや映画を見ていて、知っている風景が登場するとテンションが上がります。

水の広場

 この広場が登場する作品で印象に残っているのは、ドラマ「アオイホノオ」。主人公焔モユルが上京した際に「太陽に吠えろごっこ」をしたところです。そもそも「太陽に吠えろ」の撮影に使われていたから、モユルがなりきって走りまくったのですが。

新宿中央公園、都庁下

新宿中央公園 ビル群を背に

 この広場は、たくさんの人が利用しています。オカリナの練習をする人、漫才の練習をする人、歌の練習をする人、ダンスの練習をする人、ラジオ体操をする人、縄跳びをする人、スケボーする人、犬とひと休みする人、写真撮影(アイドル・グラビア系)をする人などなど。

 まるで、放課後の部活動を見学しているような気分になるので、見ているだけで楽しいです。

新宿ナイアガラの滝

 水の広場正面の「ナイアガラの滝」は、近くに行くと涼と水の音で癒されます。すぐそばのベンチではおじいさんがお昼寝するほどです。

芝生広場

新宿中央公園 芝生広場

新宿中央公園 芝生広場

 最近、工事をしているので落ち着きませんが、以前はビニールシートを持参してランチしたり、昼寝したり、犬観察したりしていました。

熊野神社

 そして、必ず訪れるのが、熊野神社です。新宿中央公園はもともと、この神社の敷地だったのだそうで。鎮守の森の名残は、新宿ナイアガラの滝の真裏にある「白糸の滝」から続くビオトーブまでの一帯にしか残っておりません。少し残念。

熊野神社

熊野神社

 中野長者として有名な鈴木九郎が創建したとのことで、事業発展や業績アップ祈願に訪れる企業人をよく見かけます。勝利のシンボル八咫烏が提灯に描かれており、必勝祈願に来るスポーツマンもよく見かけます。わたしは、熊の神さまとして、慕っております。

熊野神社神社

提灯の八咫烏、見えますかねー?

 後半はビルの話題から逸れてしまいました。まだまだ載せたい写真はたくさんあるのですが、今日はこの辺で…じゃっ!ヽ(*´∀`*)

 

 

TOP