Watana Bear's journey of life

旅するしろくま

終活

自由に旅して仕事をしていくために

おげんきですか? 荷物をコンパクトにして、自由に旅する準備を進めましたが、実際旅をして生きていくためには収入源がないといけません。わたしはこの先どのようにして、生きていくための収入を得ていくのか、つまり何を仕事にしていくのかを、具体的に考え…

いろんなフィルターがかかった初恋3

お元気ですか。 最近、夕食後に散歩に出かけています。日替わりでコースを東西南北に変えているのですが、今日は新宿中央公園に行ってきました。眺望の森という素敵な場所が2021/3月にオープンしたのですが、夜はカップルが多くてドキドキします。利用時間は…

歌って踊っていればいいってもんじゃない

原点回帰、幼少期を振り返るシリーズ。 clara-stoopman.hatenablog.jp そろそろ最終章です。 子どもの頃夢中になっていたもののひとつに、ピンクレディがあります。 1970年代後半から1980年代初頭にかけて活躍したダンス・ミュージック系アイドルの元祖、ピ…

子どもの頃の夢を叶える方法を探してみた「朗読」

小学校の卒業文集に載せた将来の夢は「声優」と「幼稚園の先生」でした。漠然とした理由としては「本を朗読する人」「子どもに夢を与える人」になりたかったからです。 本を朗読する人=ナレーター=声優という繋がりだけで「声優」と記載しましたが、この時…

子どもの「なぜ」は大人になって昇華する

「内輪差」という言葉を知ったのは、自動車教習所に通った時のことです。左折する際に、前輪より後輪が内側に軌道を取ることを内輪差と言います。 内輪差とは車を右折、左折させる際にできる内側の前輪と内側の後輪の進む軌道のズレのことをいいます。車のハ…

言葉通りに受け取って失敗した思い出「床屋さんごっこ」

先日、幼少期に育った街を探索してきました。 clara-stoopman.hatenablog.jp 探索の途中で確かめたいことがあり、母にLINEをしたのですが、今でもよほど強烈に記憶に残っていると思われる出来事に話が逸れていきました。 フミちゃんは、ストレートのきれいな…

園長先生助けてと叫んだあの頃は、発達障害なんても思いもしなかったよね。

先日、幼少期に過ごした場所を訪問しました。 clara-stoopman.hatenablog.jp 子どもの頃の思い出がたくさんよみがえってきたので、あの頃の自分の気持ち、母の気持ちを振り返ってみようと思います。 幼いころの話で必ず話題にでるのが「園長先生助けて!事件…

エンディングノート * まとめ

40代に突入したころから書きたいなと思い始めたエンディングですが、なかなか思うようにはサクサク進みませんでした。 clara-stoopman.hatenablog.jpclara-stoopman.hatenablog.jp ブログを通して家族に近況を報告していくうちに、このブログ自体ががエンデ…

「死ぬまでにやりたいこと10のリスト」を書いてみた。

ベタではありますが、エンディングノートの1ページとして、死ぬまでにやりたいことを10個リストアップします。 やみくもにリストアップする前に、ちょっとこちらの映画を参考にしてみます。 死ぬまでにしたい10のこと(吹替版) 発売日: 2019/03/01 メディア:…

人生をデザインするためのエンディングノート

このブログは、日記のような感覚で故郷の身内に近況報告をして、書き続けていくうちにエンディングノートのような存在になっていればいいなと思っています。今のこのアカウントの前に、今のブログの前身となるようなブログを書いていました。そのころからエ…

どんな子育てであれ、楽しむことが幸せなんだと噛み締めてみるの巻

先日削除した2年前に運営していたブログから、残しておきたい記事を移植しています。 clara-stoopman.hatenablog.jp 自分の原点が表現されているような、このおすわりアートの走りのような写真が、実はお気に入りです。ちょうど、母もブログを始め思い出整理…

耳に残るは初恋の人の声〜初恋1

先日、こんなことを思いました。 初恋って何?1)初めて特定の人に強く惹かれたこと2)初めて「好きだ」と自覚したこと3)初めて性的対象として認識したこと4)初めて特定の人と交際したこと5)初めて…1か2が妥当なんだろうけど、定義が曖昧だと「初恋認定」ムズ…

藤原啓治さん哀悼の意を表して、映画クレヨンしんちゃんを熱く語ってみた〜「モウレツ!オトナ帝国の逆襲」

お題「ゆっくり見たい映画」 わたしは、アニメ「嵐を呼ぶ園児クレヨンしんちゃん」の放送初期からのファンです。当初学生だったわたしは、毎日のように友人と物真似をし、学園祭のPRのためのラジオ出演では、挿入歌をリクエストしたほどです。 その後、息子…

星の王子さまと旅する私の人生 ~星の王子さまエンディングノート~

読書の秋、在庫本を再読して断捨離しようキャンペーン、第一弾。「星の王子さま」を読みました。 星の王子さま 6年前にサハラ砂漠に不時着した「僕」が、小さな王子さまと出会って「大切なことは飛行機を修理する事ではなく井戸を探すことと導かれて生き延び…

46歳から始めるエンディングノート - ブログをはじめたきっかけ

人生80年?90年?頑張って100歳以上生きるつもり?昨年、45歳を迎えたとたん、不思議と「自分が死んだ後の世界」を考えるようになりました。 死後の世界 自分がいなくなった後、この部屋の荷物はどうなるんだろう。自分にとっては大事な趣味のものでも、他人…

TOP